Case 10

「居心地のいい、遊びに行きたくなる歯医者を作る」 京都の人気歯科医院 院長 高森博一の「UCHILA」

2016/08/12
ホワイトニングやデンタルエステを行う「ホワイトエッセンス」の加盟店の中で、国内ナンバーワンの来院数を誇る「たかもり歯科医院」。院長、高森博一さんに、歯科医師を目指す学生へのメッセージをお伺いしました。

幼い頃から医療関係で働くことを考えていた

― 歯科医師を目指したきっかけはなんですか?

父親が産婦人科医師、祖父と叔父が歯科医師と、医療関係で働いている家族が多かったんですよ。そんな環境だったので、幼い頃から自分も医療関係の仕事につくんだと考えていました。

[PR] 関西で「はたらく」という選択肢

― 幼い頃から医療関係を目指していたということは、中学や高校でも勉強が大変だったのではないでしょうか。

そうですね。両親も僕が医者や歯科医になるのを望んでいたので、教育も厳しかったです。でも、中学や高校があまり遊べなかった分、大学では思いっきり遊ぶようにしていました。もちろん大学の勉強も大変でしたが、自由に時間が使えるので、遊びと勉学を両立するのは難しくなかったですね。

― どんな大学生生活をしていましたか?

初めて関東に住むということで、都会で過ごせるのを楽しみにしていたんですよ。でも、大学の場所が埼玉だったので「田舎じゃないか!」と思いましたね(笑)地元の滋賀も琵琶湖と山しかなかったんですが、それとあまり変わらないなと。

サービス精神旺盛な関西人

― 関西と関東の違いは感じましたか?

やはり会話の部分ですかね。関西弁と標準語のテンポの違いもそうですが、何より「人を笑わせる」ことへの姿勢の違いを感じました。関東の人は他人をいじって笑いを取ることが多いと思うんですが、関西人は自分がアホになってウケをねらうんですよ。積極的に笑われにいくんですね。

― 関西の方はサービス精神が旺盛ということですね

一度地元を離れたことで、関西人のあったかい人間性を再確認できました。困ってる人には積極的に声をかけますし。困っていないのに声をかける人も多いですが(笑)

居心地のいい「歯医者らしくない歯医者」を目指す

開院のきっかけをお教えいただけますでしょうか?

以前働いていた医院の院長から「そろそろ開業を考えてもいいんじゃないか」と言われたのが一番のきっかけですね。とはいえ、当初はそれほど急いで開業する気はなかったんです。でも、テナントを探しているときに「ここしかない!」と思えるような物件を見つけまして。他の場所と比較検討することなく、すぐに決めました。場所が以前働いていた医院と同じ京都だったのも大きいですね。

一目惚れした場所で開院したということですね。開院するときに「こんな医院にしたい」といった目標などはありましたか?

「歯医者らしくない歯医者」を作ろうというのがコンセプトのひとつでしたね。歯医者の「痛い」とか「怖い」といったイメージを覆したいなと。カフェのようにオシャレな内装にしたり、アロマを焚いたり、居心地のいい空間を作ることを重視しました。歯が痛くなったら来る場所ではなく、ふらっと遊びに来たくなるような場所が理想ですね。

確かに、歯科医院や病院は白が基調のイメージが強いので、たかもり歯科のグリーンの内装は新鮮ですね。

「ホワイトエッセンス」に加盟してデンタルエステやホワイトニングに力を入れたのも、同じ思いが根底にあります。治療のためだけでなく、歯をキレイにするため、といったような前向きな気持ちで来院いただけると嬉しいですね。また来たい、と思えるような場所を作りたいです。

働いている中で、どんなことにやりがいを感じますか?

僕の考えをスタッフが分かってくれた時は嬉しいですね。僕の思想に共感したうえで、一人一人が前向きに考えたり行動してくれたときはやりがいを感じます。逆に、自分の伝えたいことがうまく伝わらないときは、もどかしさを感じて辛いです。

仕事の中でのやりがいは、スタッフとのコミュニケーションに関することが多いんですね。

そうですね。院長になってからは、診療の中で感じるやりがいよりも、いかにして自分の医院を素敵な場所に出来るかという部分へのやりがいが強くなってきました。いい関係の中で仕事ができる職場にしたいですね。それこそ大学時代の友人関係のような。スタッフがイキイキしていれば、患者さんにとっても居心地のいい場所になると思います。

居心地のいい場所、というのは、先ほどお話していた「歯医者らしくない歯医者」というお考えにも繋がりますね。では最後に、歯科業界を目指す若者へメッセージをお願いします。

歯科医師は医療業界の中でも一番いろんなことをやっている仕事だと思っています。例えば、内科のように診察して薬を出すこともあれば、外科のように抜歯などの手術を行うこともあります。知識、器用さ、コミュニケーション能力など、様々な能力が要求される仕事を行えるということに誇りを持ってください。このやりがいのある仕事に携わる仲間が増えるのを楽しみにしています。

このインタビューに答えた人

高森博一

1978年滋賀県大津市生まれ。明海大学歯学部を卒業後、5年半の勤務医期間を経て、京都府京都市にてたかもり歯科医院を開院。
たかもり歯科医院

[ライター/今井辰実 カメラマン/渋谷美鈴]

最新記事一覧

関西の歯科インタビュー CICCA